歯科インプラントで健康の歯ブログ : 2016/08/13


エイズウイルス、すなわちHIVを保有している血液、
精液を始め、女性の母乳、腟分泌液等の様々な体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口等に接触した場合、
HIVに感染する可能性が高くなってくるのです。

悪性腫瘍である卵巣ガンは、通常であれば体をがんから保護する役目を果たす物質を創造するための金型である遺伝子の異常で発症してしまう病気だというのは周知の事実です。

突然発症する急性腸炎は、大体において腹痛・悪心・嘔吐・腹下しに見舞われる程度ですがバイ菌の感染による急性腸炎の場合は酷い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38度以上の高熱が出るのが特徴だといえます。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭まって、
血流が途切れ、重要な酸素や栄養を心筋に届けられず、
ほとんどの筋細胞が壊滅状態になる大変重い病気です。

ふと気が付くとゴロンと横向きのままでTVを視聴していたり、
思いっ切り頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日履いたりというような習慣は身体のバランスを悪化させる主因になります。

ピリドキシン(ビタミンB6)は、
色々なアミノ酸をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源の利用に必要となる重要な回路に取り込ませるため、
もう一度分解させるのをサポートする作用もあると言われています。

体脂肪の量(somatic fat volume)は変化がないのに、
体重が食事や排尿等で一時的に増減するような時、
体重が増えた人の体脂肪率(percent of body fat)は下がり、
体重が減少すると体脂肪率が高くなることがわかっています。

ポリフェノール最大の特性はL-アスコルビン酸やV.E.(ビタミンE)などとは違い、
細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果をいかんなく発揮するのです。

日々の折り目正しい暮らしの保持、
腹八分目の実行、軽い体操等、古臭いとも言える健康に対する配慮が肌の老化防止にも関係しているのです。



このページの先頭へ戻る