歯科インプラントで健康の歯ブログ : 2015/11/10


お薬やアルコール、合成着色料を始めとした食品添加物などの物質を酵素で分解して無毒化する作用を解毒(げどく)と呼び、
多機能な肝臓が果たす主要な職責の一つと言えるでしょう。

クモ膜下出血とは実に8割以上が「脳動脈瘤」という血管が変形してできる不必要な瘤(こぶ)が裂けて脳内出血することで起こってしまう死亡率の高い病気として認識されています。

汗疱とは手の平や足裏、または指と指の隙間などに細かな水疱が出る病気で、
おおむねあせもと言われ、足裏に現れると足水虫と早とちりされることも多くあります。

「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、
体内における脂肪が占有しているウェートのことを言い、
「体脂肪率(body fat percentage、
%)=体脂肪量(somatic fat volume、
kg)÷体重(body weight)×100」という計算によって弾きだせます。

30〜39才までの間に更年期になったとしたら、
医学的な用語で表すと「早期閉経」という病気にあてはまります(この国においては40歳未満の女の人が閉経してしまうケースを「早発閉経(POF)」と呼ぶのです)。

BMI(体重指数を求める式はどこの国も共通ですが、
BMI値の位置づけは各国それぞれ違いがあって、
(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準体重、
25以上だと肥満、18.5未満の場合は低体重と定義しています。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があり、
オゾン層を通る際に一部が吸収されるものの、
地表まで届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を傷つけたりして、
肌に悪い影響をもたらすことになります。

世界保健機関は、有害なUV-Aの異常な浴び過ぎは肌に健康障害をもたらす可能性が高いとして、
18歳以下の人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを使用する活動の禁止を先進国に提起している最中です。

いんきんたむしは20代〜30代の比較的若い男の人に多く確認され、
基本的には股間の周辺だけに広がり、
身体を動かしたり、入浴した後など身体が温まった時に強いかゆみを招きます。

肥満(obesity)の状態は当然食事の栄養バランスや運動不足が素因ですが、
量が等しいごはんであったとしても、
かきこむように食べ終わる早食いをし続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招く可能性があります。


ってカラダにいいの?それとも疑似科学? 始めました ??

引越し 口コミ >)株価が上がると大卒内定率も如実に連動するわけか。頑張って勉強してそれなりの大学に入った人はアベノミクスの恩恵を受けられると言えなくもないな。でも、貧困家庭、それも親が大学行ってなかった世帯に生まれると、大学進学はハナから目標外って感じで育てられるような気も…… バイト先の塾が生年月日と名前を使った占いで雇う講師を決めていたというなんか謎な塾だったことが判明



このページの先頭へ戻る